2020年 フランス美術展  『ル サロン』入選

 

 題名 「 龍と鳳凰 陰陽図 」    会期 2020年2月12日~16日

                        Paris グランパレ  (パリ万博会場跡) 

 

ル・サロンとは本

『1667年、ルイ14世の提言により創設された世界最古の公募展。

マネ『オランピア』、ドラクロワ『民衆を導く自由の女神』、

ミレー『種をまく人』、ルノワール『シャルパンティエ夫人と子どもたち』、

モネ『緑衣の女』、セザンヌ『画家の父』……。

誰もがどこかで一度は目にしたことのある名作が出展された由緒正しき美術展であり、

美術史上に残る多くの巨匠がこの「ル・サロン」によって名を馳せました。

“近代絵画の父”と呼ばれるセザンヌの場合、22歳でパリに出てから

ル・サロンへの挑戦を続けたものの落選を続け、

初入選を果たしたのは43歳の時でした。
現在ル・サロンはパリの「グラン・パレ」で行われる。

1900年パリ万博のメイン会場として建てられた

「グラン・パレ」に作品が展示されることは、

世界中のアーティストにとって大きな名誉であり

、ル・サロン会員という称号を得ることは、

美術界における世界の中心で一流のアーティストとして

認められたと言っても過言ではないでしょう。』

            (麗人社HPより抜粋)


 「 日本スペイン外交関係樹立150周年記念 」美術展

 スペイン トレド エルグレコ美術館 

 

  『 トレド名誉賞 』 受賞作品

題名 「 綺羅(きら)の漂い 」


  日本フィンランド国交100周年記念

 「 フィンランド美術展賞 」入選

 



グレスケリー生誕90周年記念

「 第13回 モナコ・日本芸術祭2019 」

  モナコ レニエ3世オーディトリアム 於

 

『 グランド アヴェニール賞 』受賞

      アランバザール先生の寸評 ↑  

     フランス芸術家協会 絵画部門代表

    



2018 日美展  

    東京 新国立美術館 於

    

 題 「 帰り道 」

 

   「 秀作 」入選


画家*アーティスト

山口 カトリーヌ

美しい絵画はエネルギーをもち

人のこころ

肉体

土地

氣にいたるまで影響すると感じております。

 

私にとって小さな食器の絵付けも大きな絵画も同じ思いです。

 

美しい絵は「祈り」でもあります。


◆◇◆ これまでの活動 ◆◇◆ 

☆ 大阪国際美術展OASIS出展  

                        

☆ スペイントレド

 

 「エルグレコ美術展」出展 

 『トレド名誉賞受賞』

   

☆ 日美展  秀作入選(2作品)

   

☆ 国際美術書籍『Art Maison Internatinal 2019』※2 

  2作品掲載

 

☆ フィンランド美術展賞 入選

 

☆ グレースケリー生誕90周年記念事業

  第13回 モナコ・日本芸術祭2019  出展

       「 グランド アヴェニール賞」受賞

 

☆ パリ リンダファレル ギャラリー 絵画販売

 

☆ カナダ 日本ケベック友好展 招待作品出展

 

☆ スペイン ビエンナーレ2019 出展

 

☆ 2020 フランス 『ル サロン』入選

 

 

スペイン国際装飾美術館友好協会会員

 A.M.S.Cスペイン本部芸術家会員

 

ネスコ保護地区「プエブラ・デ・ラ・シエラ」スペインにある

彫刻の森モニュメントに『YAMAGUCHI CATHERINE』と刻印。

芸術交流に貢献した証にて。



 

 

2019年『 アートメゾン インターナショナル 』に掲載

 現代日本美術を総括的に紹介する「学術書」としての役割を果たす書籍です。

 

 

 

ニューヨーク近代美術館 

 メトロポリタン美術館  

 ルーブル美術館     

 オルセー美術館     

 ウフィツィ美術館    

 エルミタージュ美術館  

その他 UCLA.ハーバード大学図書館 英国王立芸術学院など数多くの美術大学にも寄贈される。


     孔雀と金魚の陰陽太極図   

           綺羅の煌き




カトリーヌのWork & gallery

カトリーヌが現在手掛けてきた作品たちをご覧いただけます。

壁画、作品のご要望がありましたら、お問合せ下さい。

~ 壁 画 ~


~ アクリル画 ~


~ 食器絵付け ~


テキスタイル・その他